不織布でトンネル栽培

 

 

夏の終わりから、秋にかけては

なぜかとっても忙しく

秋野菜の準備が全くと言って良い程できませんでした。(-_-;)

 

 

 

それでも、少しずつ夏野菜の残を片付けて

葉野菜を少し植えています。

 

 

 

種まきの期間が短いダイコンを優先し

キャベツ、ハクサイ等は苗を購入して

時間短縮しました。

 

 

 

さらに遅ればせながら

今からでも植えられそうなものを種まき。

 

 

 

スイスチャード ↓  ↓  ↓

s_2016-10-24-06-06-31

 

 

水菜。↓  ↓  ↓

s_2016-10-24-06-06-40

 

 

にんじん。↓  ↓  ↓

s_2016-10-24-06-07-05

 

 

畝の様子。

s_2016-10-24-06-06-18

 

 

とりあえず芽は出ましたが、

これから、どんどん気温が下がる。

 

蒔き時をはずしちゃってるので、成長も止まり、

収穫できるサイズにはならないかな。

 

 

という事で、トンネル栽培してみようかと。

資材としては、透明ポリや不織布などがあるようですが、

不織布を選択。

s_2016-10-24-06-22-18

 

透明ポリが一番保温性に優れるのは当たり前ですが、

まだ気温が20度を超える日もある今の季節。

 

 

透明ポリの場合、気温が高くなる場合は、

逆に高温障害になる恐れがあるので、

めくって温度を下げる手間が必要になるらしい。

 

 

ところが、オイラ日中は仕事なので、

温度管理できません。

 

 

ということで、不織布を選択しました。

 

 

どこまで効果があるかは分かりませんが、

やれることをやってみましょう。(^.^)

 

 

 

これからの状況、随時アップして行きまーす。

 

 

 

One Response to “不織布でトンネル栽培”

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリ
open all | close all